FC2ブログ
ウルトラ・マックの青い空
さあ、外へ出よう! 超ウルトラ・マラソン・ランナーは今日も走る!
Flashカレンダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プロフィール

ウルトラ・マック

Author:ウルトラ・マック
ウルトラ・マラソンってご存じですか?
フルマラソン以上の距離を走る競技。
長く走ることに魅せられて、行き着いた先は、スパルタスロンや、24時間走。
どこまで行くんだ~。
ウルトラ・マックは今日も走る。

氏名:ウルトラ・マック
現住所:千葉県柏市手賀沼の近く
所属:club MY☆STAR
職業:うーーん、○訳者
2007年さくら道ネイチャーラン優勝
2007年24時間走日本代表(個人6位、団体優勝)
2009年24時間走日本代表(個人7位、団体優勝)

自己ベスト:
ハーフ 1:20:03
フル 2:44:32
100km 7:45:58
24時間走 244.5km
250km 25h29m
スパルタ 26h55m19s

2017年の予定:
1月29日:勝田フル
2月5日:守谷ハーフマラソン
3月19日:板橋Cityマラソン(フル)
3月26日:佐倉朝日健康マラソン(フル)
4月22日:さくら道国際ネイチャーラン(250km)

メール: makoto_245.3@kzf.biglobe.ne.jp(ここをクリック)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2007スパルタスロン(その2)
■アテネ市内→コリントス

市内はすでに渋滞中。その渋滞を遮るように、警官が交通整理をしています。クラクションが盛んに鳴って、うるさいくらい。近くのクラクションはランナーに対する声援のようですが、遠くのクラクションは、やはり苛立ちでしょう。ギリシャ人は意外とせっかちですね。

スタート直後


しばらくして安藤(アン坊主)さんと一緒になりました。このあと 2~30km ほど併走します。前後に外人の女性ランナーが何名がいました。その中の1人、ブラジルから参加の女性ランナーは、セパレートのユニフォームで、下は食い込むようなブルマです。もちろん、すらりとしたナイスバディ。でも、どう考えても 246km 走れるような走り方ではありません。100km までのランナーかなと思っていたら、(レース後聞いた話によると)まさにそのとおりだったとか。エイドで彼女がマッサージをお願いしたときに、大勢の男性がマッサージを志願し、運悪く外れた男性はそのままマッサージを見ていたとか。まあ、国際レースなんで、いろんなランナーがいますし、エイドの男性の反応も予想どおり。

さて、40km 地点を 3 時間半強で通過。予定より若干遅めです。去年より、疲労は少ないでしょうか?今のところ、風もあって、すごしやすい感じがします。しばらく前に安藤さんと離れ、一人旅です。MY☆STAR 勢では、はるか前方でマツタケ君が快調に飛ばしているはずです。亀井さんもトレードマークの赤いロングシャツを着て、例年どおり果敢に攻めています。自分は境君の少しあと、MY☆STAR 4 番手のようです。

その境君、おそらく普通に走ったら、マツタケ君と並んで上位をぶっ飛ばしているはずなんですが、今年はかなり抑えています。このブログでも紹介しているように、「豆乳王子」として夢の島24時間走で 258km を叩き出した彼は、一皮むけた(少しだけ学習した)ようで、イーブンペースを心がけているようです。しばらく彼の背中を視野に入れながら進みます。

境君はところどころペースアップする区間もあるようですが、全体的に見て、やはり自分と同じ、コリントス7時間半前後が目安と聞いています。自分だけだと、ペースにムラが出ることもありますが、同ペースの他のランナーがいると、うまくムラが調整されて、イーブンに近くなるような感じがします。昨年すこしヘタレたこの海岸沿いの道を、今年はかなりいい感じで走ることができました。

今年の補給計画は、とにかく、塩、塩、塩です。2 時間おきに味噌(インスタント味噌汁)、アミノバイタル、メダリストをとり、補助として普通の塩も時々舐めました。40km 地点で出されるおにぎりを、今回は 1 個しかとりませんでしたが、その分、こまめに果物やパンのかけらを口にしました。補給も順調。

午後になって暑さが厳しくなってきました。各エイドで水、コーラ、果物をとり、バケツからスポンジに浸した水を身体にかけます。かなりの動作を必要としますが、まだまだ身体が機敏にうごいているので、それほどのロスにはなりません。それにもしても、雲一つない青空。少し恨めしくなります。

やがて広島の藤本さんを抜き、亀井さんを抜き、70km くらいでしょうか、同室の斉藤さん(デッシー)をかわしました。ずーっと境君と併走しています。

道ばたの日陰に小さなテーブルがセットされ、その上によく冷えたペットボトルが何本か置かれていました。私設エイドのようです。遠慮なく 1 本いただきました。境君も 1 本取ったようです。このボトルがありがたかった~。よく冷えていて、あっというまに 500ml を飲み干します。思った以上に身体が水分を欲しているようです。油断しないで、とにかく給水、給水。そして給塩、給塩!!

70km を越えて、長い上り坂にさしかかり、コリントス運河を過ぎ、コリントス直前のエイドにさしかかったとき、併走していた境君がガードレールにもたれるようにして、立ち止まりました。どうやら、胃をやられたようです。30℃を超える暑さは、たとえペースを抑えていたとしても、彼の内臓に大ダメージを与えたようです。がんばれと声をかけて、とにかく先に進みます。

★コリントス 81km地点:7時間25分(18 位)

抑えたつもりが、予想以上に上位に食い込んでいます。去年より 5 分遅いのに、この順位。やはり暑さが厳しいのでしょうか。

ここで、今回の MY☆STAR サポーターの間庭さんが待機してくれてました。冷たいコーラとお水、それと、うれしいことに素麺が待っていました。休憩時間を決めて(約 3 分)ベンチに座ります。身体が固まらないうちにレース再開しようとしたときに、境君がエイドに入ってきました。ここまではまだまだレース序盤。がんばれ、境君。

■コリントス→ネメア

海岸線に別れを告げて、内陸部に入ります。ここからが、スパルタスロンらしい風景。そう、田舎道です。

小刻みなアップダウンのあるブドウ畑が延々と続きます。昨年はここでかなりペースダウンしましたが、今年は今までのペースを維持したいところ。暑さはどんどん厳しくなっていきます。ほとんど木陰がないので、水分をとりまくって、脱水だけは避けるようにしています。まだ余力はあるかな。

100km までは順調でしたが、105km を過ぎたあたりから、突如、身体がおかしくなってきました。エイドごとに太腿に水をかけていたのですが、その腿がだるくなってきて、持ち上がらなくなっています。それよりも、胃がおかしくなっています。コリントスからここまで、なにげに飛ばしすぎたかもしれません。優勝経験者のドイツのルーカスも、たしか、この前に、さーーっと追い抜いています。この調子だと、さすがにペース維持は厳しそう。

ペースを落としたり、いろいろしてみました。まったくダメです。胃に振動が伝わると、ムカムカっときます。思い切って、1 区間を捨てることにしました。歩いて、胃を休め、同時に筋肉を休めます。少しレース展開を間違えたかなと、反省します。

ここで、後続ランナーにぞくぞくと抜かれるかなと思いましたが、抜かれたのはルーカスだけでした。結局 1 区間の 3 分の 2 を完全に歩きましたが、おかげで少し回復しました。ゆっくり確かめるように走り出します。ネメア前の山越えの登りはさすがに歩きましたが、その後は普通に走れました。方角によっては、太陽が山に隠れるようになりました。だいぶ涼しくなってきました。かなり時間をロスしましたが、まだまだこれから。

ただ、ペースのコントロールができなくなっています。身体にやさしいペースでなら走り続けられますが、それからペースをアップまたはダウンさせるのが、かなりの苦痛です。後半になって、もっとゆっくり走らなければならないときに、このペースに身体がついていけなくなると、辛い展開になりそうです。

さて、ネメアに入る直前、ネメア遺跡付近で(まだ明るいんですよ)、見慣れた後ろ姿をとらえました。マツタケ君です。どうやら完全に歩いているようです(潰れたのは僕だけじゃなかった~)。その彼、ちらっと後ろを振り返って僕をとらえると、がんばって走り始めました。やはり、ランナーにとって大事なのは精神力だね~。結局、彼に追いついて、一緒にそのままネメア入りしました。下の写真は、追いついたときにマツタケ君が撮影したものです。

ネメア遺跡前


サポーター間庭さん、再び登場です。マツタケ君は脚が上がらなくなっているので、ここから歩いて完走を目指すそうです。完走を誓い合って、ネメアを出ました。ここでも素麺がおいしかったです。サンキュー、間庭さん。

★ネメア 124km:11時間50分(7位)

日本人 2 位らしいです。これにはびっくりしました。実力者の西村君(兵庫)や川村さん(福島)がてっきり先行しているものと思いました。自分の前の日本人は大滝さんのみ。

■ネメア→サンガス

ここから先は自分の好きな時間帯。すなわち夜間走行になります。去年はネメアからスイッチが入り、登り/下りに関係なく、ぶっ飛ばしました。今年は去年より若干遅れてネメア入りしたので、その分、辺りが薄暗くなっています。しばらくアップダウンが続きますが、このあとに未舗装路の区間が続きます。この区間を明るいうちに進むと非常に楽なので、へばらない程度にペースを上げます。

その未舗装路の区間、今年はかなり舗装されていました。拍子抜けです。月も満月から 2 日ほど経ったばかりで、十分な月明かりがあります。ライトがなくても大丈夫なくらいですが、念のため足下を照らしながらの走行です。

エイド 2 つか 3 つおきに、自分の順位を確認します。どうやら前のランナーとはどんどん差が開いているようです。僕もかなり良いペースできていると思うのですが、さすが世界トップクラスのランナーたちは、落ちる気配がありません(少し精神的にガクッときました)。正直、夜のうちに何人か拾って順位を上げていかないと、イーブンペースランナーの自分にはキツイのですが、しかたないです。我慢比べになってきました。

エイドでは子供も大人もランナーを歓迎してくれますが、それ以外では、コース上にほとんど家はありません。右斜め前方にハイウエイが通っていて、街灯が夜空に続くような絵本のような風景です。

リルケアを通過。まだまだ順位をキープ。

★リルケア 148.5km:14時間35分(7 位)

しばらく行くと、先行するランナーに追いつきました。ドイツのルーカスです。今年も背中にリュックを背負って、そこから給水しています。

ルーカスが「夜空がきれいだね」なんて話しかけてきました。なかなか詩人のようです。しばらく彼と併走しましたが、なにせ背中に水を背負っている彼は、小さなエイドをほとんど素通りです。自分がエイドに寄っている間に、あっという間に見えなくなってしまいました。

無理して追いかけるのはやめにして、マイペースで行きます。いよいよ、サンガス手前のつづら折り、なだらかな上り坂です。

そこで、とうとう脚が上がらなくなりました。胃もおかしくなっています。2 回目のウォークタイム。この時点では昨年より遅くなっています。昨年はサンガスを越えてから、ガクッとペースダウンしました。ここでペースを落としても、サンガス後にペースを戻すことができれば、昨年並みにはいけるはず。あわてないで、体力を回復させるために、半分歩くことにしました。サンガス目指して、えっさ、ほいさ。

葛折りから後ろを振り返っても、誰も近づいてくる気配はありません。もちろん、前方のルーカスは視野から消えています。完全な一人旅。

サンガスの麓に到着。昨年はここで、疲労から椅子に長い間座り込んでいるうちに、ルーカスに追いつかれてかわされました。今回は、すでにルーカスに先行されていますが、登りを歩いたおかげで、少し体力が戻りました。これから山道に入ります。また違う筋肉を使うので、心拍は上がりますが、走る筋肉は休めることができるはず。休憩もそこそこに、ロングタイツに履き替えて、麓をあとにしました。

サンガス山頂への道。それを麓から見上げると、幻想的です。点滅するライトの道。揺れる木立。これから進むべき道が、いくつにも折れ曲がりながら、夜空の鉄塔付近に収束していきます。あそこまで登るんだ。がんばれ~。

お休み区間とはいうものの、やはりかなりタフな登りです。足下がずりっと滑ると、踏ん張れなくなって、手をついたりします。曲がり角にくるたびに、頂上に近づいたことを確認しながら登ります。本当に、自分は山道の歩き方が下手だな~と思いました。下手は下手なりに、歩き続ければ、そのうち山頂に着きます。慌てないように。

やがて、頭上から人の声が聞こえました。自分を迎えてくれるエイドの人々の声。サンガスの山頂に到着です。下界を見下ろし、ここまで無事にこれたことに感謝します。コーヒーを飲んだら、さあ、出発。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

ひょっとしてメモ取りながら走ってるの?まぁブラジル女性はマックの脳裏に焼きついてると思うけど(笑)
【2007/10/06 14:57】 URL | アン坊主 #- [ 編集]


こんばんは!!
aloha!moanaです。

スパルタスロン素晴らしいタイムでの完走は、流石ですね!!

本当におめでとうございます。

せかっくマックさんからいただいた胃薬等は使用するまえに、熱中症でダウン・・。情けない結果になりました。申し訳ありません。


来年は、再挑戦します。またよろしくお願いしますね!!礼
【2007/10/06 20:12】 URL | aloha!moana #VYHPVw1w [ 編集]

skBEwTrdrmfQuFQeKD
ap.txt;5;10
【2012/02/07 10:18】 URL | gSzjUWroSCvsvB #/Wimxfqg [ 編集]

FSdCfJWPJHuoBGV
ap.txt;5;10
【2012/02/07 18:08】 URL | ebKdUAHtgnwR #ABlDQXr2 [ 編集]

MJavCBWheTpALwHb
ap.txt;5;10
【2012/02/07 22:05】 URL | lewkbHvX #7oj9LfZ. [ 編集]

nbxzIvASFBcvWTMcyLM
ap.txt;5;10
【2012/02/08 02:13】 URL | NQBkAzBJ #adwxL.7U [ 編集]

SViRUKZIbvgPj
erwlSH <a href="http://ukoswotpmroy.com/">ukoswotpmroy</a>, [url=http://zcnueejkmzcf.com/]zcnueejkmzcf[/url], [link=http://exvhaiqiqknv.com/]exvhaiqiqknv[/link], http://bsahzmxmtwqv.com/
【2012/02/09 12:02】 URL | arismvab #KK2GBtBo [ 編集]

aEYsFGhresrfTyRFHg
e,
【2012/02/12 12:17】 URL | name #WTEDzdgI [ 編集]

rewSDWVUclJw
b,
【2012/02/12 14:25】 URL | name #LjnmDdSI [ 編集]

pMDxSfeYKniBdhJo
a,
【2012/02/12 16:35】 URL | name #4YvEbgoI [ 編集]

URyQulMVDmJjB
d,
【2012/02/12 18:52】 URL | name #TSpbt3zE [ 編集]

DOobPOHpDTa
d,
【2012/02/12 21:16】 URL | name #VG/Nq3vA [ 編集]

LSXVtoNSxwVAtdgJu
d,
【2012/02/12 23:44】 URL | name #kBis2G12 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ultramac55lets5.blog113.fc2.com/tb.php/73-adbec243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)