FC2ブログ
ウルトラ・マックの青い空
さあ、外へ出よう! 超ウルトラ・マラソン・ランナーは今日も走る!
Flashカレンダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プロフィール

ウルトラ・マック

Author:ウルトラ・マック
ウルトラ・マラソンってご存じですか?
フルマラソン以上の距離を走る競技。
長く走ることに魅せられて、行き着いた先は、スパルタスロンや、24時間走。
どこまで行くんだ~。
ウルトラ・マックは今日も走る。

氏名:ウルトラ・マック
現住所:千葉県柏市手賀沼の近く
所属:club MY☆STAR
職業:うーーん、○訳者
2007年さくら道ネイチャーラン優勝
2007年24時間走日本代表(個人6位、団体優勝)
2009年24時間走日本代表(個人7位、団体優勝)

自己ベスト:
ハーフ 1:20:03
フル 2:44:32
100km 7:45:58
24時間走 244.5km
250km 25h29m
スパルタ 26h55m19s

2017年の予定:
1月29日:勝田フル
2月5日:守谷ハーフマラソン
3月19日:板橋Cityマラソン(フル)
3月26日:佐倉朝日健康マラソン(フル)
4月22日:さくら道国際ネイチャーラン(250km)

メール: makoto_245.3@kzf.biglobe.ne.jp(ここをクリック)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2007 世界選手権レポート(その2)
■選手村での一日

26日夜7時半頃に、ジャパン関係者がモントリオール・トルドー空港に揃いました。やっぱり、少しほっとします。これから、バスに乗って、会場付近の選手村まで Let's Go!!。

ところが、

なかなか出発しないんですね。

情報によると、ハンガリーからの便が遅れているようで、それを待ってから出発するとか。ハンガリーといえば、直前に猛暑で1週間に500人が死んだというニュースを聞きました。500人といったら、小さな町が全滅ですよ。えらいことですね。

結局、空港を出たのは、夜10時を回っていました。疲れたぜ!

そこから、深夜の高速を飛ばして、約100km北東へ向かい、選手村着はほぼ真夜中でした。選手村といっても、どうみても、普通の「学校」。宿泊部屋は各教室。そこに2~4名で泊まります。机と椅子を後ろに片づけて、教室前方に簡易ベッドが並べてあります。

メリットを上げれば、とにかく部屋が異様に広く、天井も高く、妙に開放的なこと。少なくとも、スーツケースを広げて、荷物をぶちまけても、全然余裕があります。その意味では、かなりくつろげるでしょうか。

20070727230632.jpg


我々の部屋は父と、岩本さん、田処さんの4人部屋です。まずは、日付も変わったため、シャワーだけ浴びて就寝しました。おやすみなさい。

さて、選手村の食事は、学校のカフェテリアで各国合同でとります。言い忘れましたが、選手村は、ここ以外にもいくつかあって、日本選手団と同宿しているのは、イギリスや韓国などです。

その後、開会式に出発する午後1時くらいまでは、自由時間。買い出しに行ったり、コース下見に行ったりと、さまざまでしたが、自分と岩本さんは、部屋でごろごろしていました。走ること以外にスタミナ浪費したくないですよ~。ここらへん、自分もかなり成長しました。昔は、スパルタ前日でも平気で市内観光に行ってました。あのころは完走目的。今回は国を代表しての国際レース。100%の力をレースだけに注ぐつもりです。

午後1時過ぎに、バスに乗って10分ほどで会場に到着しました。カフェが並び、かなりアップダウンのあるコースです。明日のジャパンエイドは、通常のテント一区画分のみ。ここで、11名の選手を5名のサポータがサポートするわけです。これは、かなり狭い。がんばって荷物をコンパクトにしないと、とてもじゃないけど配置できません。どのテントがジャパンに割り当てられるかは、当日決定のようです。うーーん、カナダはマイペースです。

ジャパンエイド付近



開会式までは、カフェでのんびり。外はたいへんな暑さです。

レース前カフェにて


500mのパレードと開会式はすんなり終わりました。クーロスは不参加みたいです。ギリシャのプラカードは、結局どうなったのでしょうか。生クーロスを見れなくて、とっても残念!!各国のプラカードも、手書きで、のんびりムード。

ジャパンのプラカード


ジャパンパレード


宿舎に戻った後は、パスタパーティです。といっても、要するに単なるパスタの夕食(しかも、ゆですぎパスタ?)。食事では毎回、パン、果物、コーヒーの他に、紙パックの各種ジュースが付きます。外国の選手はパンやジュースを余分に取って、部屋に持ち込んでいます。明日の補給食に使うのでしょう。自分もジュースを2本だけ拝借。

■最後の準備

レース当日の朝。

朝昼一緒の食事が10時から開始。その前に、9時から「ぱぱっとライス」4パック分を一気に温めました(トラベルクッカーを使用)。岩本さんが持ち込んだガスバーナーも少し利用させてもらいました。これ、レースで食べるおにぎりにするんですよ。意外と楽しい作業でした。チューブ入りの練り梅をご飯に詰めて、塩を多めに振りかけて、海苔で巻きます。できあがった量はかなりのもの。これを全部食べるのかい、おい、って感じです。

今回の自分の補給食&サプリ&薬は、次のとおり。

・レトルトお粥×4
・カップラーメン×4
・おにぎり×4パック分
・そーめん×1袋
・カステラ×1袋
・パン(現地購入)×1袋
・野菜ジュース×3
・豆乳×3
・オロナミンCなどの炭酸系×2
・梅ジュース
・アミノバイタルプロ
・メダリスト
・インスタント味噌汁用の味噌
・パワーバー×いくつか
・鎮痛剤(ロキソニン)
・市販胃腸薬2種
・絆創膏
・ワセリン
・目薬
・日焼け止め
・ガスター10
・エアサロンパス

20070729004732.jpg


12時過ぎに宿舎を出発して、会場入りしました。テント後方に荷物を置いて、前方の机(2つ)の割り当て場所に補給品を並べます。うーー、狭い、けど、しょうがない。

当初はコースを反時計回りに回る予定でしたが、急遽時計回りに回ることになりました。ゼッケンは2枚。計測用チップは、靴ひもに通さないで、ベルトで足首に巻くタイプです。コース図をしたに示します。実際は、これと逆方向に走りました。拡大すると、○○%という数字が見えます。これ、道路の傾斜です。

コース図



コース外側がワールドチャレンジ用。内側がオープン用です。日本からは(というか、MY☆STAR から)3名がオープン参加しています。彼らのエイドに、父の荷物を置かせてもらいました。父は代表スタッフではないため、ジャパンエイドに立ち入ることはできません(一応ルールなので)。コース上のどこかで24時間応援してくれるはずです。

そして、慌ただしい中、レース10分前。スタート地点へ移動します。ジャパンエイドは下り坂の途中。下りきって、登りに入った途中にスタートラインがあります。まもなくスタート!!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

補給食など人それぞれにしろ参考になりますね。目薬が意外だよなー 
【2007/08/09 11:54】 URL | アン坊主 #- [ 編集]


結構アップダウンがあるコースできついですね。
【2007/08/09 17:11】 URL | きたむぅ #mB.BT9Ic [ 編集]


アン坊主さん、
目薬は、日差しが強いときに使います。

きたむぅさん、
いやいや、きたむぅさんの地元ほどではないですよ。
【2007/08/09 20:58】 URL | マック #EGJcd8Ww [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ultramac55lets5.blog113.fc2.com/tb.php/26-d6333568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)