FC2ブログ
ウルトラ・マックの青い空
さあ、外へ出よう! 超ウルトラ・マラソン・ランナーは今日も走る!
Flashカレンダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プロフィール

ウルトラ・マック

Author:ウルトラ・マック
ウルトラ・マラソンってご存じですか?
フルマラソン以上の距離を走る競技。
長く走ることに魅せられて、行き着いた先は、スパルタスロンや、24時間走。
どこまで行くんだ~。
ウルトラ・マックは今日も走る。

氏名:ウルトラ・マック
現住所:千葉県柏市手賀沼の近く
所属:club MY☆STAR
職業:うーーん、○訳者
2007年さくら道ネイチャーラン優勝
2007年24時間走日本代表(個人6位、団体優勝)
2009年24時間走日本代表(個人7位、団体優勝)

自己ベスト:
ハーフ 1:20:03
フル 2:44:32
100km 7:45:58
24時間走 244.5km
250km 25h29m
スパルタ 26h55m19s

2017年の予定:
1月29日:勝田フル
2月5日:守谷ハーフマラソン
3月19日:板橋Cityマラソン(フル)
3月26日:佐倉朝日健康マラソン(フル)
4月22日:さくら道国際ネイチャーラン(250km)

メール: makoto_245.3@kzf.biglobe.ne.jp(ここをクリック)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2008さくら道国際ネイチャーラン(その2)
レポートの前に:」

今年の大会結果がアップされています。
http://shirotori.gujo.to/sakurainr/HP/sakurainr1.htm




荘川を出ると、しばらくは平坦な御母衣湖沿いの道。トンネルが多いです。一応快調なので、どんどん前へ行きます。御母衣湖を過ぎると、下って平瀬温泉へ。そして白川郷へ。

白川郷(172km)到着が16時間47分。去年はここで3位に上がりました。まだ前にランナーが2人もいて、しかもどんどん差が詰まっていたので、かなりのモチベーションでした。

今回は、一人。しかも、ゼッケン1番での到着なので、エイドの人も「やっぱり~」という受け止め方です。あと80km弱。なんとか、このままもって欲しいところです。

少し内臓が弱ってきているようです。走っていると、上下の揺れが不快です。この状態は何回も経験があるので、ここからは固形物はあまり取らずに、液体のみでいくのもあり。甘いジュースなども欲しくないので、とにかく水、そしてお茶を飲みます。あとは、BCAAとクエン酸。コーラも飲みたくない状態です。

白川郷を過ぎて、岐阜と富山の県境にさしかかります。トンネルをいくつも越え、岐阜から富山へ、また岐阜へ、また富山へ。何回も県境をまたぐ変なルートです。トンネルではけっこう眠気が襲ってきます。景色というものがなく、薄暗い照明が延々と続きます。なんか催眠術をかけれている感じ。蛇行して足を踏み外すのが怖いので、車がこなければ、歩道をおりて、車道を走ります。

途中のエイドで、ボランティアが僕に話してくれました。「去年より15分遅いよ」

これ、かなりショックでした。かなりのペースで走っているつもりでも、実際はそうではない。自分の感覚と実際の時間進行が一致していないわけです。このままズルズル落ちるわけに行かないので、気を引き締めて、キロ6分弱を維持するようにします。でも、そうしてタイムを意識すると、やっぱり自分のスピードが遅いってことに気がつきます。

弱気になると、後続ランナーが気になります。体感的に30分以上の差をつけているとは思うのですが、ときどき振り返ったりします。胃の不快感から、なかなかスピードは上がりません。がまん、がまん。

やがて、ハーフの部出場の実力者日吉さんが追い抜いていきました。速いです。これからどんどんハーフのランナーに抜かされることでしょう。彼らをうまく利用して、ペースアップすることも考えないと。

それでも、五箇山タクシーエイドにトップで到着。ここからきつい上り坂です。3分の1を歩いて体力温存。さあ、トンネルへ。

この五箇山トンネルで、眠気と胃の不快感が最高潮になりました。3kmを超える長いトンネル。途中何度もトンネルの壁にもたれて、数秒目を閉じたり、顔を叩いたりしました。だめだ!もう、ほとんど歩くような状態です。

突然、はるか後方から「うぉーーー」という雄叫びが聞こえてきました。韓国人ランナーが僕を見つけたようです。そして、ものすごいダッシュ。一気に抜き去っていきました。とうとう二位に転落。追いついていけそうにない。かなりがっくりきました。

ようやくフラフラになりながらトンネルを抜けました。睡魔もたいへんですが、このトンネルでかなり身体の芯が冷えました。エイドで座って、ストーブで体を温めます。5分ほど休む予定。

このエイドには過去上位に何回も入ったことのある三重県の作野さんがボランティアとしていました。彼がいろいろ気を使ってくれました。ありがたかったです。目を閉じていると、背後にどんどんハーフのランナーが到着している様子がわかります。チームあぶらみ(1チームのみ参加のリレーのメンバー)も到着したようです。もしかしたら、フルの部のランナーも何人か通過したかもしれません。眠っていて、まったくわかりません。

目を覚ますと、もう外は明るくなっていました。体もかなり温まっています。いつまでもがっくり来ていられません。気持ちを切り替えて、とにかくゴールに行かないと。

出発するときに、順位を確認すると、なんと、まだ2位をキープしていました。でも、後ろから迫ってきているようです。走り出さなければ。

一気の山下りの区間。ここで体の調子を確認します。眠気はないので、なんとかなりそうです。キロ6分強で、第4チェックポイントへ。212km、23時間58分。さっき、1時間以上眠っていたかもしれないです。過ぎたことはしょうがない。さあ、前へ。

ここからがまた長いんです。福光市内へ、そしてアップダウンを経て、富山と石川の県境へ。気温も上がってきました。残り30km、20km、15km。普段なら何ともない距離が、とにかく長く感じられます。エイドの果物で元気をつけて、気持ちだけは、ひたすら一つ先のエイドへ。ようやく、森本へ到着。あと7km少し。ここのスイカは美味しいよ~。

金沢市内へはいると、信号も多くなり、かなり走りづらくなります。何度も止まりながら、最終エイドを通過。突然トイレに行きたくなったので、コンビニのトイレで5分間休憩。ここで抜かれていたら、しょうがないですが、たぶん大丈夫そう。

兼六園に入る細い上り坂を過ぎると、残りあと300mくらい。ようやく元気が出てきました。最後くらいは笑ってゴールしようか。フィニッシュ~!

タイムは28時間39分。その5分後に、MY☆STARの竹田さん、さらにその3分後に上島さんが入りました。団子だったんですね。かろうじて、日本人トップ、総合2位に入ることができました。

レース後は、身体が水分を欲してどうしようもありませんでした。どうやら脱水だったようですね。かなり胃をやられていて、その日の夕食は、何とか押し込んだ感じです。もちろん、ビールを飲みたいとは思いませんでした。翌日から、少しずつ回復し、無事に表彰式を終えました。

なかなか連覇は難しいですね。出直しますが、また目標が増えたので、少し喜んでいます。来年もさくら道に出るかどうかは未定ですが、いい大会です。ハーフの部は、参加者全員完走です。100kmを超える距離で、しかも夜間走行ありなのに、ありえないです。ランナーのみなさん、そしてボランティアのみなさんの思いが感じられたレースでした。

(了)



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

連覇は逃したもののやっぱりさすがマック!だね。
ほんとにお疲れ様でした。
【2008/04/25 20:53】 URL | Rin #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ultramac55lets5.blog113.fc2.com/tb.php/222-2d42c3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)