FC2ブログ
ウルトラ・マックの青い空
さあ、外へ出よう! 超ウルトラ・マラソン・ランナーは今日も走る!
Flashカレンダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プロフィール

ウルトラ・マック

Author:ウルトラ・マック
ウルトラ・マラソンってご存じですか?
フルマラソン以上の距離を走る競技。
長く走ることに魅せられて、行き着いた先は、スパルタスロンや、24時間走。
どこまで行くんだ~。
ウルトラ・マックは今日も走る。

氏名:ウルトラ・マック
現住所:千葉県柏市手賀沼の近く
所属:club MY☆STAR
職業:うーーん、○訳者
2007年さくら道ネイチャーラン優勝
2007年24時間走日本代表(個人6位、団体優勝)
2009年24時間走日本代表(個人7位、団体優勝)

自己ベスト:
ハーフ 1:20:03
フル 2:44:32
100km 7:45:58
24時間走 244.5km
250km 25h29m
スパルタ 26h55m19s

2017年の予定:
1月29日:勝田フル
2月5日:守谷ハーフマラソン
3月19日:板橋Cityマラソン(フル)
3月26日:佐倉朝日健康マラソン(フル)
4月22日:さくら道国際ネイチャーラン(250km)

メール: makoto_245.3@kzf.biglobe.ne.jp(ここをクリック)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

2008さくら道国際ネイチャーラン
4/18(金)昼1時前に名古屋到着。うーん、小雨です。

矢場とん」で「わらじとんかつ」を食べ、夜は「世界の山ちゃん」で軽く4杯(手羽先おいしいよ~)。名古屋の食って、おもしろいですね。堪能しました。ランナーのみなさんは、よく飲むよな~。

4/19(土)朝5時すぎに、ホテルを出発。夜が明けています。空は雲が少し残っているだけの好天模様。6グループに分かれての3分間隔ウエーブスタートです。僕は最終組。競合揃いです。たいへんな組だよ。

6時15分に最終組がスタート。いつものように、スタッフや自衛隊の声援を受けて、名古屋城内を巡り、一般道へ。名古屋城入り口には、一般応援がたくさん。朝早くからありがとうございます。いってきまーーーす。

僕の装備は、上は半袖、下はロングタイツ。ポーチの中にはBCAAとクエン酸(2時間に1つずつ摂取)、胃腸薬、痛み止め、ティッシュ、小銭、携帯。シューズは、ニューバランスRC1002です。

さて、序盤は信号や踏切も多く、なかなかペースを維持できません。あせらずに、じっくり休憩といった感じです。数キロ行くと、前のグループのランナー数名に追いつきました。僕の前にはまだ80名以上のランナー。彼らを目標にしていきます。

最終組から抜け出したのは、松下君、上島さん、中村さん、パシ君(フィンランド)。僕の今回の50kmの目標タイムは、4時間半(去年は4時間20分)。しばらく、竹田さん、斎藤さんが僕のあとにつく感じで、3人でのらりくらり走りました。

それにしても、風が気になります。もろに向かい風。寒くはなく、暑いくらいなので、体温低下はありませんが、かなりエネルギーをロスしているみたいです。まだ午前中の早い段階で、すでに潮吹き状態。午後は何度まで上がるんだろう。少し気になります。

予定どおり、50kmを4時間半くらいで通過。次の目標は第1チェックポイントの白鳥(107km)に、9時間半。キロ5分半イーブンでOK。さあ、がんばろう。

暑さと風で、上位はかなり苦労しているようです。しばらくいくうちに、早くも上位10位以内にランクアップしたようで。上位3名は、謎の韓国人トリオ。かなり飛ばしています。その後ろから、松下君が不気味に上がっていますが、島野さん、鍵さんががんばっています。僕は竹田さん、斎藤さんと併走。

やがて、斎藤さんが遅れ、竹田さんが一時的に先行したものの、エイド休憩中に抜いて、単独走になりました。ふーー、風が強いぜ。なかなか進まぬ。時計を見ると、がんばってキロ5分半程度ですが、エイド休憩や、上り坂もあり、トータルだとキロ6分弱くらいでしょうか。この段階でがんばりすぎて、ダメージを蓄えてもしょうがないので、白鳥の目標タイムは早々にご破算にしました。気温も20度を超えています。暑いぜ。


各エイドでのサポートは、今回もGoodでした。日中のエイドでは、濡れたおしぼりを渡してくれます。塩が吹き出た顔をこれで拭いて、豊富な果物の中から、イチゴやミカンを選択します。おにぎり、そうめん、サンドイッチ、いろいろ食べます。食べられるうちに、食べておくのが鉄則。給水は、必ずコップ2杯。それでももしかしたら足りないくらいでしょうか。

80km、90kmと、しだいに白鳥に近づきます。さくらがきれいです。雲がかなり出るようになったので、直射日光を浴びない時間が増えました。暑さはそれほど苦にならなくなりましたが、風はあいかわらずです。気がつくと、6位、5位、4位。どんどんランクアップしていきます。みんな、かなり苦戦です。どうやら1位は松下君。さすがです。でも、彼との差は20分くらいでしょうか。彼も抑え気味です。

前半がんばった鍵さんをかわして、しばらくいくと、韓国人ランナーの姿が遠くに見えました。白鳥まで10kmありません。ここまできたら、白鳥に松下君とMY☆STARでワンツーを決めたいですよね。すこしだけがんばって、彼を追い抜いて、白鳥の町へ入りました。商店街を通り、右折して白鳥駅前の広場へ。

106.9kmのチェックポイントに、9時間49分で到着。ちょうど松下君が出発するところでした。彼と握手。総合2位。うーーん、このタイムで2位というのは、ちょっと信じられないくらいの異変です。一応、筋肉痛はかなりあるものの、まだ余力はあります。マイペースで行くとしますか。

韓国人がすぐに到着。彼より少し前に、白鳥をスタート。目の前の松下君はかなりきつそうで、すぐに追い抜いてトップに立ちました。早すぎるトップの座。さあ、ここから単独走の開始です。

徐々に傾斜が厳しくなってい行きますが、逆にこれまで使わなかった筋肉を動かすことができて、身体がリラックスできたみたいです。元気が出てきました。蛭ヶ野の山道をグイグイ登ります。このペースで走れていれば、後続ランナーに追いつかれる心配もないと思ったので、ほとんど後ろは気になりませんでした。118kmでエイドに預けておいたロングシャツをゲット。128kmでライトをゲット。ここで登りは終了。蛭ヶ野分水嶺はまだまだ明るいです。あと30分くらいで暗くなるでしょうか。荘川に明るいうちはとても無理ですが、いい感じです。

ここからは下りが続きます。意識したのは、あまり飛ばしすぎないようにということ。まだまだ100km以上あります。荘川着が13時間42分。去年より5分早いです。さあ、先へ。

お気づきかと思いますが、早い時間帯で単独走になり、僕はしらずしらず、去年の自分と競り合いを続けていました。「このペースで走れていれば、後ろを気にする必要はない。自分さえ潰れなければ大丈夫。ここから五箇山までは、僕の時間帯、僕の距離」だと思っていました。

うーーん、甘かったですね。

(続く)




スポンサーサイト

この記事に対するコメント
一番強い超ウルトラランナーですね
日本で一番速い超ウルトラランナーが関家さんだとしたら
日本で一番強い超ウルトラランナーは鈴木さんだと思います。
詳しい経歴は存じませんが、スパルタスロンで最初からずっとリタイア無しで
ネイチャーでは去年が優勝、今年は悪条件の中でも2位。 拍手!
そのトップを取られたという朝鮮人には、秋の韓国での24時間走あたりで
リベンジのKOしてやってください。
【2008/04/23 15:25】 URL | キムチ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ultramac55lets5.blog113.fc2.com/tb.php/221-542a21bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)