ウルトラ・マックの青い空
さあ、外へ出よう! 超ウルトラ・マラソン・ランナーは今日も走る!
Flashカレンダー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

プロフィール

ウルトラ・マック

Author:ウルトラ・マック
ウルトラ・マラソンってご存じですか?
フルマラソン以上の距離を走る競技。
長く走ることに魅せられて、行き着いた先は、スパルタスロンや、24時間走。
どこまで行くんだ~。
ウルトラ・マックは今日も走る。

氏名:ウルトラ・マック
現住所:千葉県柏市手賀沼の近く
所属:club MY☆STAR
職業:うーーん、○訳者
2007年さくら道ネイチャーラン優勝
2007年24時間走日本代表(個人6位、団体優勝)
2009年24時間走日本代表(個人7位、団体優勝)

自己ベスト:
ハーフ 1:20:03
フル 2:44:32
100km 7:45:58
24時間走 244.5km
250km 25h29m
スパルタ 26h55m19s

2017年の予定:
1月29日:勝田フル
2月5日:守谷ハーフマラソン
3月19日:板橋Cityマラソン(フル)
3月26日:佐倉朝日健康マラソン(フル)
4月22日:さくら道国際ネイチャーラン(250km)

メール: makoto_245.3@kzf.biglobe.ne.jp(ここをクリック)

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

守谷ハーフマラソン
昨日はお隣の市である守谷に行ってきました。

朝8時過ぎに自宅を出て、走って会場まで。約12kmです。急いで荷物を預けて、スタートに並びましたが、昨日のランの疲れもあり、脚が重かったです。

スタート後、1kmくらいでスピードはあきらめて、流れに乗ってマイペースで行くことにしました。目標は1時間40分切り+会場から自宅まで走りきること。

結論から言えば、ビルドダウン走になりましたが、なんとか目標はクリアできました。怪我のブランクがあったので、心肺がネックでした。なかなかフルサブスリーペースを維持できません。ずるずると落ちてしまいました。まあ、この落ち込みをオリコンでの1時間40分切り狙いだったので、想定範囲内です。

さすがに疲れたので、風呂に入ってビールを飲んだら、ぐったりしてしまいました。

次は本番の東京フルです。


昨日の走行距離:45km
今月の走行距離:76km



スポンサーサイト
つくばマラソン
昨日はつくばマラソンに2年ぶりに出場しました。
いい天気でしたね~。

手賀沼ハーフマラソンで久しぶりに1時間半を切ったので、つくばでのサブスリーが見えてきた感じがありましたが、うまくいきませんでした。頭痛もありましたが、最大のマイナス要因は土日の練習不足。11月に入ってからの週末(土日)に限れば、走行距離はゼロ。本来走って足を作っておくべき週末にまったく走れませんでした。

本番では、6km過ぎから心肺がアップアップしてきて、徐々にスローダウン。26kmすぎから頭痛が出てきてさらに失速、30kmすぎからはほとんど歩くようなペースに。かなりの右肩下がりのラップになりました。

Start 00:00:10
5km 00:20:32 0:20:22
10km 00:41:50 0:21:18
15km 01:04:47 0:22:57
20km 01:27:24 0:22:37
中間 01:32:22 10:32:22
25km 01:50:09 0:22:45
30km 02:19:05 0:28:56
35km 02:53:44 0:34:39
40km 03:26:00 0:32:16
Finish 03:36:12 0:10:12

これで今年のレースは終了。次回は、守谷ハーフです。こちらは、記録よりも練習のレースです。そして、次の本番は東京マラソン。それまでに、脚を鍛えておきます。

水曜の走行距離:5.5km
日曜の走行距離:43km
今月の走行距離:188.5km
スパルタスロン
スパルタスロンから昨日帰国しました。

タイムはよくなかったですが、11回目の完走です。あまり疲れていません。むしろ、飛行機での移動にぐったりです。

今回は、頭の調子もよくなかったし、涼しいということがわかっていたので、気楽に行けるところまでいくつもりでした。コリントス(80km)を8時間ちょっとで通過し、ネメアを13時間半くらいでいければ、30時間切りも見えるかなというところでしたが、スパルタは甘くなかったですね。

スタート直後。坂を下りて、市街地に入るところ(スタート後3分くらい)でトイレに行っていたら、ビリから2番目ランナーになっていました。そこからのんびりいきましたが、キロ6分くらいで走っても、なかなか前のランナーを拾えません。みんな早かったです。途中、元24時間走日本代表の若手のホープがサポートにきていて、気候条件を教えてくれていましたが、25度や28度といった、非常に走りやすい気温。風もあって、走りやすいです。

20kmくらいから頭が重くなってきました。ここらへんから、今回参加したことを後悔しはじめてきました。頭に浮かぶのは、ウルトラを引退しよう、もうダメだ、という思い。引退コメントをいろいろと考えては、推敲を重ねました。ほんと、ここら辺が一番つらかったです。

40kmを通過。徐々に日本人を追い抜くようになりましたが、こちらも歩きを入れる回数が増えて、追いつ追われつの繰り返し。5年前は50km以降に歩いたはずなのに、今回は早すぎ。がっくり。

それでも、コリントスの前くらいから徐々に復活し始めました。コリントス到着が8時間40分。5年前の猛暑のレースより10分遅れました。今回、日本人をサポートするために河内さんらがきていたので、そうめんとおにぎりをもらって小休憩。いよいよ、スパルタスロンらしいエリアに突入。まずは葡萄畑。

5年前に足をつって悶絶したポイントも難なく通過。頭は重くても、肉体的には元気です。100kmを過ぎて、かなり走れるようになりました。なんか、このままいけそうな感じ。スピードに乗ると超気持ちいいです。でも、調子に乗りすぎでした。ネメア前の峠を快調に登って下りたところまではよかったのですが、そこで頭にダメージがどーんときました。まだネメアへの下りが残っているのに、走れないんですね~。とぼとぼ歩いて、ネメアについて、またとぼとぼ歩いて。結局、20km近く歩きました。その間に考えるのは、序盤の引退コメントと異なり、時間計算。時速6キロ(キロ10分)で歩けばゴールできるとか、そこから少しでも縮めるにはどうすればよいかなど、いろいろ考えます。そうしているうちに、いつのまにか頭も復活。走れるようになりました。やっぱり、人間万事塞翁が馬。

そこから先は、無理しないで、ペース維持を心がけました。リルケアを過ぎてすぐに、ポツポツ降り出してきましたが、最初は霧雨のような感じで、逆に気持ちよかったです。頭も冷えて、いい感じ。体温が下がりすぎないよう、ウインドブレーカーを何度も着たり、脱いだりしました。サンガス前のつづら折りを含めて、サンガス前の坂はすべて走りました。調子よかったです。さあ、サンガスへ。雨がしとしと状態になりました。

サンガスを登るランナー、みんなきつそうでしたね。僕は快調に登れました。つくばの峠走の効果でしょうか?足へのダメージはあまりありません。この区間でこんなにランナーを抜いたのは初めてです。山頂まで数分あたりから、風が台風のような勢いになって、かなり寒くなりました。この数分間だけは我慢です。そして山頂へ。暖かいスープを飲んだら、すぐに下りへ。雨が勢いを増してきましたが、下りは多少走れるので、それほど寒くありませんでした。ネスタニまでのだらだら下りも走りきりました。ネスタニ到着。関門まで約1時間。

ここからも快調でした。10kmもいくと明るくなって、雨も上がり、絶好のコンディションです。ここからは、ペースを維持するだけで、どんどん順位が上がっていくはず。ランナーを抜くのが楽しみな時間帯です。

途中、初出場の女性ランナーTさんと一緒になりました。かなりきつそうだったし、アテネのホテルで話をして顔見知りだったこともあり、彼女とゴールまで一緒に行くことにしました。残り約70km。自分のペースでなく、相手のペースに合わせていくので、かなり緊張します。時間計算も間違えないようにしないと。

この微妙な緊張感が頭にはよかったようですね。そこから先、鈍痛はありましたが、足が止まることはありませんでした。Tさんも、少し気持ちが折れかけるところもありましたが、僕的には、時間は十分あったので、安心して導くことができました。彼女の不安感を和らげるのにかなり苦労しましたが、初出場だから不安になって当然ですよね。エイドの休憩も最小限にして、途中坂道を歩きながら、走り続けて、残り20km、4時間弱でゴールすればOK。完走が見えてきました。いやー、なんだかんだいって女性は強いです。

そこからの下りは、焦る必要がないので、余韻に浸りながらのんびり走ることにしました。スパルタまでの長いだらだら坂を下って、市内へ。そして、少し薄暗くなった中で、スパルタ市民の歓迎を受けながら、レオニダス像の前へ。

35時間25分48秒でした。

こうして終わってみると、序盤かなり苦しみましたが、中盤以降はまあまあのできでした。気候がよかったですね。MYSTARから今回3名出場しましたが、全員完走。さすがでした。

序盤に苦労して考えた引退コメントですが、もちろん公表はしません。もう少しがんばってみます。

次のレースは手賀沼ハーフ、つくばフル、東京フルです。

9月29日の走行距離:246km
先月の走行距離:580.5km





児島半島100km
土日と、岡山県の児島にいってきました。111kmのマラニックに参加するためです。


第1回大会に出てからだいぶ期間が空いてしまいましたが、今回で2回目、そして最後の参加になります(大会は今回で終了)。

暑くなるだろうと思っていましたが、やはり暑くてうんざりしてしまいました。40kmから頭がぼーっとしてきて、肝心の金甲山はアップダウンをほぼ歩きました。序盤はかなり抑えめにいったのですが、だめでしたね。

その後は、頭だけでなく、身体も暑さにやられ、エイドで全身を冷やさないとどうしようもなくなりました。水をかぶりまくって、冷たいものを飲みまくって、なんとかしのぎきり、111kmを13時間15分前後でゴールしました。

途中、80kmを9時間半でしたから、スパルタだとしたら、関門ギリギリでしたね。

暑さにやられてしまいましたが、後半はそれなりに走れたので、練習としては悪くなかったと思います。胃もやられず、下半身はいたって元気です。回復したら、また走り始めようと思います。

昨日の走行距離:4km(会場までジョグ)+111km
今月の走行距離:209km



さくら道国際ネーチャーラン
先週の金曜から昨日にかけて、さくら道国際ネイチャーランに参加してきました。

ここ最近は2年に1回参加している大会です。久しぶりに会う知り合いも多く、たとえ本調子ではなくても、十分楽しめる大会の1つです。

今回は初日が20度になり、練習不足の身体にはけっこうしんどかったです。逆に夜になると蛭ヶ野のてっぺんあたりから白川郷までずーっと1度付近の冷たい風が吹き付けてきました。でも、比較的いい天候の方だと思います。昨年は強風で途中で大会中止に追い込まれています。

いつもスロースターターなのですが、今回も、1kmもいかずに後続集団に次々と抜かれました。信号や踏み切りが多く、しばらくはスピードを出しても骨折り損になることがあるので、焦らずにゆっくり進みます。

20kmあたりから少しペースを上げましたが、徐々に気温も上がってきて、頭がぼーっとしだしてきました。どこまで持つか分かりませんが、少しだけ頑張ってみます。

50km付近は、かなりコースが変わっていました。いつも、この近辺をクリアすると、レースが次のステージへ進んだなという感じになります。次第に頭がやばくなってきたので、歩きを入れました。歩いては、走るの繰り返し。これを1時間半くらい続ければ回復するのかと思ったのですが、暑さがけっこう堪えたのか、白鳥(107km)まで回復は遅れました。白鳥通過が12時間オーバー。かなり遅いか?

ここからかなり涼しくなったので、ようやく調子を取り戻してきました。すぐに暗くなりましたが、冷気が気持ちよく、快調に進みます。蛭ヶ野の最高地点をクリア。ところが、ここから一転、寒さが身に染みるようになりました。そして、さらに悪いことに頭痛が復活。走れなくなった上、睡魔にも襲われて、フラフラになりながら下り道を歩く羽目になりました。ときどき回復しますが、睡魔がときどき襲ってきます。

睡魔から解放されたのは、薄明るくなってきた白川郷(172km)付近から。完全に回復はしませんでしたが、ここからゴールまでは、多少歩きを交えることで、何とか持ちこたえることができました。途中、ネイチャーランでは初めてエイドでビールをちょうだいしました。おいしかったです。胃はまったく大丈夫。

その後、のんびり過ごす時間帯もありましたが、残り17kmくらいからはいいペースで走れるようになりました。金沢市内に入ってからは、先行する吉越さん(レジェンド)に追いついたので、おしゃべりしながら兼六園に到達しました。

タイムは33時間33分。切りのいい数字です。

今回も、あまりダメージはありませんでした。胃も大丈夫。身体に負担となるスピードで走っていない証拠でしょうね。おかげで、民宿でも、翌日の閉会式でもおいしく飲食できました。

優勝した高橋さん、早かったですね。若いし、同じ千葉県民でもあるので、これからも応援してます。世界大会、頑張ってください。


土日の走行距離:250km
今月の走行距離:417km